(上写真 左から)●内閣府 男女共同参画局総務課推進官 澤井景子(サワイ・ケイコ)さん / ●厚生労働省雇用均等・児童家庭局 雇用均等政策課課長補佐 河村のり子(カワムラ・ノリコ)さん / ●経済産業省経済産業政策局経済社会政策室長 福地真美(フクチ・マミ)さん / ●<モデレーター> 日経BP社 日経BPヒット総合研究所長・執行役員 麓 幸子(フモト・サチコ)


講演・セッション名
5/1追加【24B02】
注目の「霞が関キャリア女子」が語る
ニッポンのこれから、そして働く女性のミライ

※「DEAN & DELUCA ミネラルウォーター」付き
カテゴリー
無料
先着順
ドリンク付き
ワークライフバランス
子育て・教育
社会貢献・社会啓発
講演・セッション内容
女性がもっと輝く国になる。
そのために政府はいろいろな施策を展開しています。
女性活躍推進法という新しい法律の検討も進んでいます。
女性向けのポータルサイトもあります。
あなたがもっと輝くための取り組みがいっぱいあります。
一方中央官庁でも女性がもっと活躍するための改革が進んでいます。
日本の将来はどうなる? 私たちの未来は?
この問いに対して、同世代の霞が関キャリア女子である女性官僚たちが
自分の仕事、キャリアの軌跡も含めて語りおろします!

※講演時間、内容、講演者などは、都合により予告なく変更する場合があります。
※事前登録された講演・セッションでも立ち見となる場合がございます。

=============================================================
<講師>
●澤井 景子さん
現職:内閣府男女共同参画局男女共同参画推進官。
平成6年 経済企画庁入省。 内閣府副大臣(経済財政担当)秘書官、大臣官房総務課企画調整官、国民生活局調査室補佐、内閣官房消費者行政一元化準備室補佐、連合総研主任研究官、内閣広報室総務課補佐等を経験。平成23年3月半ば~平成24年4月 産前・産後休暇及び育児休業 平成24年4月 内閣府経済財政分析政策統括官付企画担当調査官心得。平成24年12月 男女共同参画局に異動。同局内で、WLB担当、地域、防災担当、国際担当と様々な業務担当。また、平成25年4月より、調査官(管理職)、同年7月より、男女共同参画推進官。
=============================================================
●河村 のり子さん
厚生労働省 雇用均等・児童家庭局雇用均等政策課 課長補佐(女性の活躍推進やマタハラ対策等を担当)。
2歳と5歳の娘の母。平成11年 厚生省(当時)入省、医療・介護等を担当。連日深夜・明け方まで働いていた20代最後の頃、「こんな職場で結婚・出産・子育てできるのか?」と思い悩み、一度は退職を決意。平成17年~ 埼玉県飯能市へ出向。自治体で現場に触れ、初心を取り戻して、「できるところまでやってみよう」と思い直す。平成19年~ 少子化対策を担当。長時間労働や非正規雇用など、子どもを産み育てづらい日本の社会構造を痛感。平成21年 34歳で第1子出産、1年半の育児休業。平成23年 職場復帰。食品安全委員会で原発事故後の対応等を担当。平成24年 37歳で第2子出産、1年強の育児休業。平成26年 職場復帰。現職にて女性活躍推進法案等を担当。久しぶりに本省に戻り、長時間労働を前提とした霞が関の働き方では、とても出産・子育てを通じて責任ある仕事を続けていけないと痛感。人事院初の女性管理職養成研修に参加した各省庁の女性陣と、霞が関の働き方改革の提言「持続可能な霞が関に向けて-子育て等と向き合う女性職員の目線から-」をまとめ、自民党国会対策委員長・内閣人事局長等へ。
現在は、男性陣の仲間も加わり活動中。
=============================================================
●福地 真美さん
経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長。
1997年東京大学法学部卒業、通商産業省(現経済産業省)入省。2004年米国タフツ大学フレッチャースクールにおいて国際関係論修士。経済産業省において、航空機産業の振興、エネルギー需給見通しの策定、経済協力政策や石油・天然ガス確保政策等を担当。2010年から在マレーシア日本国大使館に赴任し、経済連携協定、インフラ輸出、企業のビジネス環境整備支援等を行う。2014年7月から現職。ダイバーシティ経営企業100選や、東京証券取引所との共同事業であるなでしこ銘柄事業など、女性をはじめとした多様な人材がいきいきと活躍できるような社会の環境づくりに取り組む。私生活では1児の母。
=============================================================
<モデレーター>
●麓 幸子
日経BP社 日経BPヒット総合研究所長・執行役員。
1984年筑波大学卒業。同年日経BP社入社。88年日経ウーマンの創刊メンバーとなる。06年日経ウーマン編集長。12年ビズライフ局長。日経ウーマンなど3媒体の発行人となる。14年から現職。2014年法政大学大学院経営学研究科修士課程修了。内閣府委員、経団連・21世紀政策研究所研究委員などを歴任。経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」サポーター。所属学会:日本労務学会、日本キャリアデザイン学会他。著書等に『なぜ、あの会社は女性管理職が順調に増えているのか』『なぜ、女性が活躍する組織は強いのか?』(ともに日経BP社)、『企業力を高める―女性の活躍推進と働き方改革』(共著、経団連出版)他
=============================================================

会場
ホールB
開催日時
5月24日(日) 11:10~11:55
セッション番号
24B02